技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成26年度 Ⅲ-30

 コンピュータの仮想化に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

① 12コアで24Gバイトのメインメモリのコンピュータを用いて,2コアと2Gバイトのメインメモリを有する仮想システムは6台までしか動作させることはできない。

② 仮想化用ソフトウェアによるコンピュータの仮想化では,CPUの命令をすべてエミュレーション又はシミュレーションにより処理している。

③ サーバを仮想システム上で稼働させる場合,その仮想システムのバックアップイメージはディザスタリカバリに活用することができる。

④ ホストOS方式における仮想化システムのオペレーティングシステムは,ホストOSと同じでなければならない。

⑤ ライブマイグレーションとは稼働中の仮想システムを停止させることなく,仮想システムにハードウェアを増設することである。

 

 

答え

      ③

解説

 XXX

① 12コアで24Gバイトのメインメモリのコンピュータを用いて,2コアと2Gバイトのメインメモリを有する仮想システムは6台までしか動作させることはできない。
XXX

② 仮想化用ソフトウェアによるコンピュータの仮想化では,CPUの命令をすべてエミュレーション又はシミュレーションにより処理している。
XXX

③ サーバを仮想システム上で稼働させる場合,その仮想システムのバックアップイメージはディザスタリカバリに活用することができる。
XXX

④ ホストOS方式における仮想化システムのオペレーティングシステムは,ホストOSと同じでなければならない。
XXX

⑤ ライブマイグレーションとは稼働中の仮想システムを停止させることなく,仮想システムにハードウェアを増設することである。
XXX