技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成27年度 Ⅲ-6

 TCP/IPに関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① ARPにより解決されたアドレス情報はキャッシュされるが,一定時間が経過すると廃棄される。

② TCPはコネクション指向型プロトコルで,1対1双方向の信頼できる仮想的な伝送路を提供する。

③ UDPはコネクションレス型プロトコルで,1対多通信であるマルチキャストやブロードキャストなどの利用が期待できる。

④ ネットワーク層は,OSI参照モデルにおいてトランスポート層とデータリンク層との聞に位置する。

⑤ ポート番号は,TCPがアプリケーションプログラムを区別する識別子であって,UDPでは使われない。

 

 

答え

      ⑤

解説

 XXX

① ARPにより解決されたアドレス情報はキャッシュされるが,一定時間が経過すると廃棄される。
XXX

② TCPはコネクション指向型プロトコルで,1対1双方向の信頼できる仮想的な伝送路を提供する。
XXX

③ UDPはコネクションレス型プロトコルで,1対多通信であるマルチキャストやブロードキャストなどの利用が期待できる。
XXX

④ ネットワーク層は,OSI参照モデルにおいてトランスポート層とデータリンク層との聞に位置する。
XXX

⑤ ポート番号は,TCPがアプリケーションプログラムを区別する識別子であって,UDPでは使われない。
XXX