技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成27年度 Ⅲ-14

 Linuxオペレーティングシステムに関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

① API(Application Programming Interface)はプロセス同士の通信のために用意されたものである。

② あるプロセスから別のプロセスにCPUの割り当てが切り替わるのは,周辺装置からCPUへの割り込みが発生したときだけである。

③ C言語で書かれたプログラムにおいて,mallocにより確保されるメモリはヒープ領域に確保され,ロカル変数の保存場所はスタック領域に確保される。

④ アプリケーションプログラムとカーネルのCPU命令実行モードは異なる。その理由はオペレーティングシステムの高速化にある。

⑤ スレッドは複数のプロセスにまたがって実行させるプログラムの流れのことである。

 

 

答え

      ③

解説

 XXX

① API(Application Programming Interface)はプロセス同士の通信のために用意されたものである。
XXX

② あるプロセスから別のプロセスにCPUの割り当てが切り替わるのは,周辺装置からCPUへの割り込みが発生したときだけである。
XXX

③ C言語で書かれたプログラムにおいて,mallocにより確保されるメモリはヒープ領域に確保され,ロカル変数の保存場所はスタック領域に確保される。
XXX

④ アプリケーションプログラムとカーネルのCPU命令実行モードは異なる。その理由はオペレーティングシステムの高速化にある。
XXX

⑤ スレッドは複数のプロセスにまたがって実行させるプログラムの流れのことである。
XXX