技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成27年度 Ⅲ-31

 無線ネットワークのデータリンク層が行う衝突制御に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

① 隠れ端末問題とは,無線ノードが大木やビルなどの陰に隠れてしまい,通信ができないことである。

② さらし端末問題とは,送信ができるにも関わらず,他の通信を妨害しないように送信を保留することである。

③ 衝突回避の保留時聞が長いと送信できない時間が生じるので,ベーストエフォートで信号を出力する。

④ 無線ノードは信号を送出する前に,他無線ノードが信号を出しているかをチェックするバックオフを行う。

⑤ 有線ネットワークのイーサネットが使っているpureALOHAの衛星通信方式は,無線ネットワークでも最適な方法である。

 

 

答え

      ②

解説

 XXX

① 隠れ端末問題とは,無線ノードが大木やビルなどの陰に隠れてしまい,通信ができないことである。
XXX

② さらし端末問題とは,送信ができるにも関わらず,他の通信を妨害しないように送信を保留することである。
XXX

③ 衝突回避の保留時聞が長いと送信できない時間が生じるので,ベーストエフオトで信号を出力する。
XXX

④ 無線ノードは信号を送出する前に,他無線ノードが信号を出しているかをチェックするバックオフを行う。
XXX

⑤ 有線ネットワークのイーサネットが使っているpureALOHAの衛星通信方式は,無線ネットワークでも最適な方法である。
XXX