技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成28年度 Ⅲ-9

 5 つのシンボル P,Q,R,S,T で構成された信号をハフマン符号化したい。各シンボルの生起確率がそれぞれ順に 0.10,0.05,0.20,0.25,0.40 であるとき,最も適切な符号化方法はどれか。

① P : 0010  Q : 0011  R : 000    S : 01      T : 1

② P : 01      Q : 10      R : 00      S : 1        T : 0

③ P : 0010  Q : 0001  R : 0100  S : 0101  T : 1000

④ P : 010    Q : 001    R : 011    S : 100    T : 101

⑤ P : 000    Q : 001    R : 01      S : 10      T : 11

 

 

答え

      ①

解説

① P : 0010  Q : 0011  R : 000  S : 01  T : 1
適切です。

② P : 01  Q : 10  R : 00  S : 1  T : 0
S,T で 0 と 1 を使っており,延長できないため,不適切です。

③ P : 0010  Q : 0001  R : 0100  S : 0101  T : 1000
ハフマン符号は,可変長であるため,不適切です。

④ P : 010  Q : 001  R : 011  S : 100  T : 101
ハフマン符号は,可変長であるため,不適切です。

⑤ P : 000  Q : 001  R : 01  S : 10  T : 11
符号の繋がりがない(例えば P : 000 の前に 00 がどれにも割り当てられていない)ため,不適切です。