技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 建設部門 平成25年度 Ⅲ-20

 砂防施設に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① 土石流を捕捉し減勢させることを目的とした砂防えん堤では,計画上堆積容量に土石流を捕捉することを見込む場合でも,除石などを行う必要はない。

② 導流工は,土石流などが氾濫して保全対象を直撃することがないよう,土石流などを安全に下流域に導流する施設である。

③ 帯工は,単独床固工の下流及び床固工群の間隔が大きいところで,縦侵食の発生,あるいはそのおそれがあるところに計画する。

④ 地すべり防止施設の配置計画においては,地すべりの規模及び発生・運動機構,保全対象の状況,工法の経済性などを勘案し,抑制工と抑止工を適切に組み合わせて工法を選定する。

⑤ 地すべり防止施設としての抑制工には,地下水排除工や押え盛土工などがある。

 

答え

      ①

解説

① 土石流を捕捉し減勢させることを目的とした砂防えん堤では,計画上堆積容量に土石流を捕捉することを見込む場合でも,除石などを行う必要はない。
XXX

② 導流工は,土石流などが氾濫して保全対象を直撃することがないよう,土石流などを安全に下流域に導流する施設である。
適切です。

③ 帯工は,単独床固工の下流及び床固工群の間隔が大きいところで,縦侵食の発生,あるいはそのおそれがあるところに計画する。
適切です。

④ 地すべり防止施設の配置計画においては,地すべりの規模及び発生・運動機構,保全対象の状況,工法の経済性などを勘案し,抑制工と抑止工を適切に組み合わせて工法を選定する。
適切です。

⑤ 地すべり防止施設としての抑制工には,地下水排除工や押え盛土工などがある。
適切です。