技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 建設部門 平成26年度 Ⅲ-12

 コンクリートに関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① コンクリートから水分が失われるときに生じる容積変化を乾燥収縮といい,乾燥収縮ひずみは,部材の寸法(容積の表面積に対する比)に比例する。

② コンリートのクリープは,湿度が小さいほど,部材の寸法(容積の表面積に対する「比)が小さいほど大きい。

③ 水セメント比が大きくなるにしたがって,十分に締め固められたコンクリートの強度は小さくなる。

④ コンクリートの引張強度は,圧縮強度の1/10〜1/13程度である。

⑤ 時間とともにセメントの水和反応が進行するに従って,コンクリートの強度は大きくなる。

 

答え

      ①

解説

① コンクリートから水分が失われるときに生じる容積変化を乾燥収縮といい,乾燥収縮ひずみは,部材の寸法(容積の表面積に対する比)に比例する。
XXX

② コンリートのクリープは,湿度が小さいほど,部材の寸法(容積の表面積に対する「比)が小さいほど大きい。
適切です。

③ 水セメント比が大きくなるにしたがって,十分に締め固められたコンクリートの強度は小さくなる。
適切です。

④ コンクリートの引張強度は,圧縮強度の1/10〜1/13程度である。
適切です。

⑤ 時間とともにセメントの水和反応が進行するに従って,コンクリートの強度は大きくなる。
適切です。