技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 建設部門 平成27年度 Ⅲ-14

 産業革命以降の理想の都市の諸提案に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

① クラレンス・スタインは,広大なオープン・スペースに囲まれた壮大な摩天楼が配置され,その中心には鉄道や飛行機のための交通センターが置かれ,郊外部には独立住宅からなる田園都市,工業地域,大公園が設けられた都市を提案した。

② トニー・ガルニエは,近代都市を支える商業を都市計画の主題として都市を市街地と商業地に分け,これらの都市機能を分担するスペースをグリーンベルトで明確に分離した商業都市を提案した。

③ ロバート・オウエンは,周囲に1,000~1,500エーカーの土地を持つ正方形の敷地に労働者を収容し,各人に周辺農地を与え,失業のない自給自足的共同生活を営ませる農業と工業を結合させた理想工業村を提案した。

④ C.アーサー・ペリーは,中学校の校区を標準とする単位を設定し,住区内の生活の安全を守り,利便性と快適性を確保することを目的とした近隣住区単位の概念を明らかにした。

⑤ エベネザー・ハワードは,都市,田園,住宅都市を3つの磁石にたとえ,その利害得失を比較して,住宅都市は都市と住宅の両者の利点をかね備えるものであることを説いた。

 

答え

      ③

解説

① クラレンス・スタインは,広大なオープン・スペースに囲まれた壮大な摩天楼が配置され,その中心には鉄道や飛行機のための交通センターが置かれ,郊外部には独立住宅からなる田園都市,工業地域,大公園が設けられた都市を提案した。
XXX

② トニー・ガルニエは,近代都市を支える商業を都市計画の主題として都市を市街地と商業地に分け,これらの都市機能を分担するスペースをグリーンベルトで明確に分離した商業都市を提案した。
XXX

③ ロバート・オウエンは,周囲に1,000~1,500エーカーの土地を持つ正方形の敷地に労働者を収容し,各人に周辺農地を与え,失業のない自給自足的共同生活を営ませる農業と工業を結合させた理想工業村を提案した。
適切です。

④ C.アーサー・ペリーは,中学校の校区を標準とする単位を設定し,住区内の生活の安全を守り,利便性と快適性を確保することを目的とした近隣住区単位の概念を明らかにした。
XXX

⑤ エベネザー・ハワードは,都市,田園,住宅都市を3つの磁石にたとえ,その利害得失を比較して,住宅都市は都市と住宅の両者の利点をかね備えるものであることを説いた。
XXX