技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 建設部門 平成27年度 Ⅲ-30

 鉄道工学における軌道構造に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① ロングレールは,レール継目を溶接によって除去したもので,乗り心地の改善,騒音振動の減少などを目的とする。

② 道床の役目は,まくら木を支持し,まくら木から伝達される列車荷重を路盤に均等に分布させることである。

③ 合成まくら木は,合成樹脂によるまくら木で,腐らず,燃えにくく,耐久性に富むが,価格が相対的に高い。

④ スラブ軌道は,レールを支持するプレキャストのコンクリートスラブをコンクリート路盤上に設置した軌道構造で,保守省力化を目的とする。

⑤ スラブ軌道は,レールを支持するプレキャストのコンクリートスラブをコンクリート路盤上に設置した軌道構造で,保守省力化を目的とする。

 

答え

      ⑤

解説

① ロングレールは,レール継目を溶接によって除去したもので,乗り心地の改善,騒音振動の減少などを目的とする。
適切です。

② 道床の役目は,まくら木を支持し,まくら木から伝達される列車荷重を路盤に均等に分布させることである。
適切です。

③ 合成まくら木は,合成樹脂によるまくら木で,腐らず,燃えにくく,耐久性に富むが,価格が相対的に高い。
適切です。

④ スラブ軌道は,レールを支持するプレキャストのコンクリートスラブをコンクリート路盤上に設置した軌道構造で,保守省力化を目的とする。
適切です。

⑤ スラブ軌道は,レールを支持するプレキャストのコンクリートスラブをコンクリート路盤上に設置した軌道構造で,保守省力化を目的とする。
XXX