技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 建設部門 平成28年度 Ⅲ-18

 円形断面の管路流れの損失水頭に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① 摩擦による損失水頭は,管路の長さに比例して大きくなる。

② 管内の損失水頭には,摩擦による損失と局所的な渦や乱れによる損失がある。

③ 摩擦による損失水頭は,管径に比例して大きくなる。

④ 曲がりや弁による損失水頭は,断面平均流速の2乗に比例して大きくなる。

⑤ 管の拡大又は縮小による損失水頭を算定する場合,断面積が小さい方の管における断面平均流速を用いる。

 

答え

      ③

解説

① 摩擦による損失水頭は,管路の長さに比例して大きくなる。
適切です。

② 管内の損失水頭には,摩擦による損失と局所的な渦や乱れによる損失がある。
適切です。

③ 摩擦による損失水頭は,管径に比例して大きくなる。
摩擦による損失水頭は,管路長に比例して大きくなり,管径に比例して小さくなります。

④ 曲がりや弁による損失水頭は,断面平均流速の2乗に比例して大きくなる。
適切です。

⑤ 管の拡大又は縮小による損失水頭を算定する場合,断面積が小さい方の管における断面平均流速を用いる。
適切です。