技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 建設部門 平成28年度 Ⅲ-19

 一様勾配・一様断面の開水路の水理解析に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① 開水路の流れは,フルード数が1より小さい常流と,フルード数が1を超える射流フルード数が1の限界流に分けられる。

② マニングの平均流速公式によると,開水路の平均流速は粗度係数に比例する。

③ 等流水深は水路勾配が大きいほど減少するが,限界水深は水路勾配によらない。

④ 限界勾配より緩い勾配の水路においては,等流水深は限界水深よりも大きい。

⑤ 限界勾配より急な勾配の水路においては,射流の水面形は下流側で等流水深に漸近する。

 

答え

      ②

解説

① 開水路の流れは,フルード数が1より小さい常流と,フルード数が1を超える射流フルード数が1の限界流に分けられる。
適切です。

② マニングの平均流速公式によると,開水路の平均流速は粗度係数に比例する。
マニングの平均流速公式によると,開水路の平均流速は粗度係数に反比例します。

③ 等流水深は水路勾配が大きいほど減少するが,限界水深は水路勾配によらない。
適切です。

④ 限界勾配より緩い勾配の水路においては,等流水深は限界水深よりも大きい。
適切です。

⑤ 限界勾配より急な勾配の水路においては,射流の水面形は下流側で等流水深に漸近する。
適切です。