技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 建設部門 平成28年度 Ⅲ-26

 砂防計画に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① 砂防施設計画では,砂防基本計画で決定された各地点の流出土砂量を実現するために必要な砂防施設について,妥当な施設の種類位置,その施設の分担する土砂量を決定する。

② 計画流出土砂量は,計画生産土砂量のうち,土石流あるいは掃流砂として計画基準点に流出する土砂量であり,既往の土砂流出,流域の地形,植生の状況,河道の調節能力などを考慮して算定する。

③ 計画許容流砂量は,計画基準点から下流の土砂害を防除する対象に対して無害な量であるばかりでなく,同時に必要な土砂として流送されなければならない土砂量である。

④ 計画超過土砂量は,計画基準点において,計画流出土砂量を上回る土砂量であり,超過外力であることから砂防基本計画においては処理の対象としない土砂量である。

⑤ 土砂生産抑制計画は,山崩れ,地すべり,河床河岸の侵食等の土砂生産源に抑制対策を施して生産源地域の荒廃を復旧し,さらに新規荒廃の発生を防止する計画である。

 

答え

      ④

解説

① 砂防施設計画では,砂防基本計画で決定された各地点の流出土砂量を実現するために必要な砂防施設について,妥当な施設の種類位置,その施設の分担する土砂量を決定する。
適切です。

② 計画流出土砂量は,計画生産土砂量のうち,土石流あるいは掃流砂として計画基準点に流出する土砂量であり,既往の土砂流出,流域の地形,植生の状況,河道の調節能力などを考慮して算定する。
適切です。

③ 計画許容流砂量は,計画基準点から下流の土砂害を防除する対象に対して無害な量であるばかりでなく,同時に必要な土砂として流送されなければならない土砂量である。
適切です。

④ 計画超過土砂量は,計画基準点において,計画流出土砂量を上回る土砂量であり,超過外力であることから砂防基本計画においては処理の対象としない土砂量である。
計画超過土砂量は,砂防基本計画においては処理の対象となる土砂量です。

⑤ 土砂生産抑制計画は,山崩れ,地すべり,河床河岸の侵食等の土砂生産源に抑制対策を施して生産源地域の荒廃を復旧し,さらに新規荒廃の発生を防止する計画である。
適切です。