技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 建設部門 平成28年度 Ⅲ-31

 シールドトンネルに関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① シールド形式の選定にあたっては,施工区間の地山の条件,地表の状況,断面形状及び寸法,施工延長,トンネルの線形,工期等の諸条件を考慮しなければならない。

② 立坑は,シールドトンネルを施工するため,シールド機(シールドマシン)の投入と搬出,方向転換,組立と解体,掘進中の土砂の搬出,資機材の搬入と搬出等のための作業坑をいう。

③ 覆工は,シールドトンネル周辺地山の土圧水圧を受け,トンネル内空を確保するための構造体をいう。

④ テールボイドは,シールドトンネルのセグメントとシールド機(シールドマシン)との間の空隙のことである。

⑤ セグメントは,シールドトンネルの一次覆工に用いるプレキャスト製の部材をいう。

 

答え

      ④

解説

① シールド形式の選定にあたっては,施工区間の地山の条件,地表の状況,断面形状及び寸法,施工延長,トンネルの線形,工期等の諸条件を考慮しなければならない。
適切です。

② 立坑は,シールドトンネルを施工するため,シールド機(シールドマシン)の投入と搬出,方向転換,組立と解体,掘進中の土砂の搬出,資機材の搬入と搬出等のための作業坑をいう。
適切です。

③ 覆工は,シールドトンネル周辺地山の土圧水圧を受け,トンネル内空を確保するための構造体をいう。
適切です。

④ テールボイドは,シールドトンネルのセグメントとシールド機(シールドマシン)との間の空隙のことである。
テールクリアランスの説明です。

⑤ セグメントは,シールドトンネルの一次覆工に用いるプレキャスト製の部材をいう。
適切です。