技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 建設部門 平成29年度 Ⅲ-13

 都市計画区域などに関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① 都市計画区域については,都市計画区域の整備,開発及び保全の方針を定めることとなっている。

② 都市計画区域は,市町村の行政区域と一致している必要はない。

③ 区域区分は,すべての都市計画区域において実施されるものではない。

④ 市街化区域は,すでに市街地を形成している区域及びおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域である。

⑤ 市街化区域及び市街化調整区域については,少なくとも用途地域を定めることとなっている。

 

答え

      ⑤

解説

① 都市計画区域については,都市計画区域の整備,開発及び保全の方針を定めることとなっている。
適切です。

② 都市計画区域は,市町村の行政区域と一致している必要はない。
適切です。

③ 区域区分は,すべての都市計画区域において実施されるものではない。
適切です。

④ 市街化区域は,すでに市街地を形成している区域及びおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域である。
適切です。

⑤ 市街化区域及び市街化調整区域については,少なくとも用途地域を定めることとなっている。
市街化調整区域については,原則用途地域を定めないことになっています。